転職の成功例と失敗例

転職の成功例と失敗例 イメージ

転職の成功例と失敗例


 

前の職場を辞めて、意気揚々と転職活動を始めている方もいらっしゃると思います。
しかし、要注意です。
転職をしたからといって、次の職場が良好な職場だとは限らないからです。
今回は、転職の成功例と失敗例を挙げ、同じ失敗を犯さないように注意していただきたいと思います。

 

■転職失敗例

・面接官と盛り上がり、いい会社だと思って入社したが、会社との価値観が合わないケース
たとえ面接官と価値観が一致しても、会社と自分との価値観が合わなければ勤めづらくなってしまうかもしれません。
企業理念や事業内容を調べてから応募する方が、失敗は少ないでしょう。

・給料が前職よりも下がったことで、生活が苦しくなるケース
転職によって前職よりも給料が下がることで、生活面で我慢をしなければならないことが出てくることがあります。
スキルアップや経験を積むなどで昇給を目指すか、生活の工夫が必要です。

 

■転職成功例

・設定していた転職の『必要条件』を満たす企業に転職できたケース
こんな職場は嫌だという『最低条件』ではなく、これだけは満たしていて欲しいという『必要条件』を設定しておけば、ポジティブに転職できます。

・関連業種に転職して年収がアップしたケース
通常、転職によって年収が上がることはほとんどありません。
しかし、例えばメーカーなどである程度の地位を確保してきた方が、関連の商社に転職した場合、その限りではありません。
年齢や前職での役職によって、給与設定がなされていることも多いため、設定が高い企業を選べば年収がアップするのです。
職業安定所や就職情報誌をいくら眺めても、実際に働いてみなければ転職が成功か失敗かはわかりません。
しかしひとつだけ言えることは、ポジティブに全力を尽くす人間は、成功する可能性が高いということです。
周囲に流されずしっかり企業を調査して、前向きな気持ちで応募するようにしましょう。

お役立ち情報の一覧へ