退職の意志を伝えるコツ

退職の意志を伝えるコツ イメージ

上手に退職の意志を伝えるコツとは?


 

退職に関する悩みは、相談できる相手がいないという方も少なくありません。転職先が既に決まっているのにも関わらず、在職中の職場に上手に退職の意志が伝えられるのか心配…という方が知りたい、上手な退職の意志を伝えるコツについてお話します。

 

一つ目が、職場に迷惑を掛けないように早く退職の意志を伝える事です。退職希望日ぎりぎりに退職の意志を伝える事は、職場側にとっては大迷惑です。できるだけ早く退職の意志を伝える事が、誠意ある対応と言えます。退職の意志を伝える事は、なかなか言い出しにくいです。けれども、「明日こそは…明日こそは…」と思っている内に、気が付けば残りの日数も少なくなっていた、という事にもなりかねません。勇気をもって早めに退職の意志を伝えられる様にしましょう。

 

二つ目は、無理のない退職を申し出る事です。例えば、退職したばかりの従業員がいる場合に退職を申し出たとします。直前に退職した人の後任が未経験者などで、まだ仕事に慣れていない場合には、更に自分が抜ける事によって申告な戦力不足となり、周りの人への迷惑にもなります。退職する時には、周りに迷惑が掛からない時期にする事が大切です。
無理な時期に退職の意志を伝えても、受け入れられない事が多く高確率で引き留めに会います。もしも、引き留めを振り切って無理に退職をすると、退職先の人間関係が切れてしまう事や、トラブル発生の原因にもなりかねませんので、自分が辞めた後の事を考えた上で、退職の意志を伝える様にしましょう。

 

最後に、日ごろから職場の人間関係を円滑にしておくことです。日ごろから上司も含めて職場の人間とコミュニケーションを取っておけば、退職に関する相談も上司にしやすく、退職の意志を伝える時にも円滑に伝える事ができます。今後のキャリアのためにも、印象の悪くない伝え方で退職の意思表示をすることをおすすめいたします。

 

お役立ち情報の一覧へ