出勤初日に良い印象を持ってもらう為に

出勤初日に良い印象を持ってもらう為に イメージ

良いスタートを切ろう!転職初日に好印象を与える為に心がけたい事


 

新しい仕事先では、初日に与えた印象がその後の仕事に影響する事もあるので、できるだけ好印象を与えたい!と考える方がほとんどではないでしょうか。好印象を与えるにはどのような事を心がければ良いのかについてお話します。

 

まず、初日の出勤時間を確認しておく事です。ほとんどの人が、出勤時間の10分前くらいには到着していれば良いかな?と考えると思います。けれども、会社によっては出勤時間の30分前には集まるようにしておく事、逆に就業時間にならないと入り口が開かないなど独自の決まりがある場合があります。その為、転職先の採用担当者に「初日はできれは少し早く行きたいと思っているのですが、何時ごろ出社すれば宜しいでしょうか?」と事前に確認しておくと良いでしょう。

 

また、人の印象を決めるポイントが、見た目です。たとえ誠実な人柄の人物だとしても、身なりが不潔だった場合は良い印象を与える事はできません。初日は、清潔な印象を与える服装を心がけましょう。出勤時の服装は、面接の時と同様にビジネスシーンに相応しい服装にします。スーツやシャツに汚れやしわ、ほつれがないか。ネクタイは曲がっていないかなど細部までチェックしておきます。意外と忘れがちなのがカバンなどの持ち物や、靴です。汚れが着いていないかなどチェックしておきましょう。

 

最後に、転職先では「新人である」という意識を忘れず、謙虚な姿勢で臨む事です。少しでも早く職場に溶け込みたい、仕事を覚えたい!という気持ちだけでなく、謙虚さを忘れずにしましょう。転職の場合は社会人としては経験者ですが、新しい職場では新人です。その為業務を行う時にも「前の職場ではこうだった」「自分のやり方ではこうします」など、前の職場や仕事に関する話題はNGです。新しく入った会社には新しく入った会社のやり方があるのです。
以上を参考にして、転職先でも良いスタートを切りましょう。応援しています。

お役立ち情報の一覧へ