面接で緊張しないようにするには?

面接で緊張しないようにするには? イメージ

【本命前に練習しよう!】面接で緊張する方必見!


 

採用の中でも特に重要な位置にあるのが面接です。採用試験がない場合には、面接の結果だけで採用の是非が決まります。とはいえ、面接では緊張してしまい、本来の自分の力を出し切れない事に悩んでいる方も少なくありません。面接で緊張する方に試してもらいたい、本番前の準備についてお話します。

 

まず、面接本番の前に練習をしておく事です。面接の練習相手は友人でも、家族でも構いません。より本格的な練習がしたいと思っている方は、ハローワークや自治体の就職支援で開講されている面接対策講座を利用すると、より実践に近い形での面接の練習ができます。転職エージェントを利用して転職をする方は、面接の練習も行っていますので活用しましょう。

 

そして、面接で聞かれると思われる質問を用意しておく事です。どの職種でも「転職を考えた理由」「志望動機」「自分の長所や短所」など、あらかじめ質問されている内容は決まっています。逆に、予測していなかった質問をされると焦ってしまい、頭が真っ白になってしまって他の質問にも上手に答えられなかった…といった結果にもなってしまう可能性もあります。質問の予測を立てて置き、答えを用意しておけば面接本番にも余裕をもって臨む事ができます。

 

最後に、面接の場数を踏む事です。転職経験がない方や、社会人経験がまだ浅い方は、面接の機会も少なくひとつひとつの面接の場で緊張しがちです。けれども、面接も場数を踏めば踏むほど慣れてきて、緊張しにくくなります。特に、本命の会社の前に他の会社の面接がある時には、「練習のつもり」で挑む事も効果的です。勿論、面接では「本命の会社があるので練習のつもり」の気持ちでの回答はNGです。どの会社に対しても、本命である態度で挑むようにしましょう。

面接の前夜は緊張して眠れない事があります。そんな時にはパソコンやスマートフォンなども早めに切り上げる、暖かい飲み物を飲むなどして、早く眠れるように工夫してみましょう。

お役立ち情報の一覧へ