自信を持って面接に挑むために

自信を持って面接に挑むために イメージ

【面接=落ちるは古い?】企業の現状を知って自信を持って面接に行こう


 

面接で失敗すると落ちてしまう!と思うあまりに緊張してしまう方も多いです。面接に自信を持って臨める方法のひとつとして、受ける企業の現状を知っておく事があります。企業の現状を知ると、面接でも面接官を納得させられるだけの回答を用意する事ができますので、面接の成功や自分の自身にも繋がります。

 

面接を受ける企業の現状を知っておく方法は色々あります。その企業の資料やホームページを閲覧する、プレスリリースがあれば参考にするなど、今はインターネット上でも色々な情報を得る事ができるようになりました。

ここで大切なのが、企業の現状について、良い点だけでなく悪い点も知っておく事です。前年度よりも収益がダウンした、新サービス事業があまりうまく行っていない、などです。

 

企業の良い所、悪い所を含めた現状を知った後は、今度はその企業で自分が働く時に、どのような行動ができるのかを考えてみましょう。その企業に勤めて3年後や5年後、10年後の未来を今の企業の現状を踏まえて考えると、その企業が現状よりも良くなるために、自分がやりたい事や、なっておきたい未来のヴィジョンなどを想像する事ができます。

これらを踏まえて、面接で回答すると、「企業の現状についてよく勉強している」といった評価だけでなく「企業の将来も考えている」と好印象を持たれる事に繋がるのです。

また、その企業で働く自分の未来の姿を具体的に想像するのは、自分の自信にもなります。

 

面接での採用担当が採用したいと考える人に、「一緒に働きたいと思う人」という意見が多いです。企業の問題点や現状を考えられる、また将来に向けての行動ができる人物という事を面接官に伝える事ができれば、他の志望者との差をつける事もでき、面接の合格を勝ち取る事も難しい事ではありません。面接前には、志望動機など自己PRを用意するだけでなく、企業の現状についても勉強しておきましょう。

お役立ち情報の一覧へ