面接で緊張を和らげる4つのコツ

面接で緊張を和らげる4つのコツ イメージ

緊張にさようなら!面接で緊張を和らげる4つのコツとは?


 

面接は、企業でも人事採用担当の方から、役員の方まで揃う事があります。それに加えて、面接の結果が直接採用に繋がる事も少なくありませんので、どうしても緊張してしまう方も多いです。とはいえ、面接では緊張せずに本来の自分を出したいというのが本音ですよね。今日は、面接で緊張を和らげるために知っておきたい4つのコツについて触れます。

 

一つ目は、自分の発言に嘘をつかず、素直な対応をする事です。面接での自己アピールは、どうしても良い印象を与えたいという一心から、つい過大な発言や嘘をついてしまう事があります。例えば、前職で営業成績が良くて上司から褒められたことを、更に過大にして表彰を受けた、と発言してしまうなどです。

人間は、嘘をつく事によって後から嘘がばれる事を心配します。それによって余計な緊張を招いてしまう事になりますので、面接では嘘をつかず、素直に発言をしましょう。

 

二つ目は、自己評価を高く持つ事です。何度も面接に失敗している、なかなか採用が貰えない時には自分に自信がなくなり、自己評価も低くなりがちです。それによって「今回もまたダメなのかもしれない…」とネガティブな気持ちになり、緊張を生んでしまう事があります。面接の際には、ポジティブな気持ちを持つ、前向きな態度を心がけると、緊張せずに面接官への印象も良くなります。

 

三つ目は、面接の前に深呼吸をしておく事です。脳に酸素がいかない事によって、頭が真っ白になって緊張してしまう事があります。また、深呼吸は体の力を抜いてリラックスさせる効果もありますので、面接に挑む前に深呼吸をしておきましょう。

 

最後に、質問に答える時に間をあける事です。面接の質問をされた時に、およそ5秒から6秒ほどの間をあける事によって、気持ちに余裕をもって緊張せずに回答する事ができます。逆に、質問に対して早く答えようとすると、焦りと緊張を生んでしまいます。

お役立ち情報の一覧へ