転職の悩み…転職回数が多いときはどうすればいい?

転職の悩み…転職回数が多いときはどうすればいい? イメージ

転職回数が多い方が内定を得るために知っておきたい事とは?


 

転職活動をしている時に、今まで転職の回数が多い方はそれがネックに感じてしまう事があります。転職回数が多いとやはり転職では不利?良い対策は?転職回数が多い方が内定を得たい時に、知っておくべき事をまとめました。

 

転職回数を聞かれた時には、一般的には正社員として在籍していた会社の数からマイナス1をした数になります。また、アルバイトや派遣社員としての勤務は転職回数にカウントしない事が多いです。

また、一般の企業の採用担当者にアンケートを取った結果、20代の場合には3回以上、30代以上は3回から5回の転職経験がある人に対して、「転職回数が多い」印象を持つと回答しています。

転職回数の多い人に、必ず聞かれる質問が転職の理由です。もしも、ブランクのある期間がある場合には、その間には何をしていたのかも聞かれます。まずは、転職理由とブランクの期間をどのように過ごしていたかを、自信を持って答えられるようにしておきましょう。

一方で、転職回数が多くても、それぞれの勤務先での就業期間が長い場合には「色々な企業や職種の経験を持っている」と評価され、それほど悪い印象を与える事はありません。一方で、就業期間が短い場合には「落ち着きがない、一か所に腰を据えて働く事ができない」など、マイナスの印象を持たれてしまう事が多いです。

 

転職回数が多くても、それぞれの就業期間が長ければ、色々な職種を経験している事やスキルを身に着けている事をアピールできます。それらを、志望する企業でどの様に生かして働く事ができるかをしっかりアピールできれば、転職回数の多さを逆にメリットとして生かす事もできます。

もしも、半年未満の短い就業期間が続いた場合にも、なぜそうなったのかの採用担当者を納得させられるだけの理由を用意する、志望する企業で働く際にはどのような目的を持って働くかを明確にアピールできれば、内定が貰えるチャンスも十分にあります。

 

お役立ち情報の一覧へ