自己紹介で好印象な答え方とは

自己紹介で好印象な答え方とは イメージ

何を話す?面接の自己紹介で好印象を得られる話し方とは


 

ほぼ全ての面接で、まず最初に自己紹介を求められます。そして、話した自己紹介の内容から話題をピックアップして、その後の面接の質問に繋がる事が多いです。面接の自己紹介は何を話すべきか、好印象を与える為の話し方についてお話します。

 

面接の自己紹介は「職務経歴」「自己PR」「志望動機」の3つのポイントで構成するようにしましょう。つまり、就職や転職活動における自己紹介は、一般的な自己紹介の様に自分の特技や性格、出身地などを盛り込む必要はないのです。

そして、面接の自己紹介は、約3分で話せるようにまとめるのが適切な長さです。文字にすると約900文字になります。

まず、挨拶と自分の名乗りをします。次に学歴や職歴の概要説明をします。実際に行った職務内容などを盛り込みます。次に自己PRです。職務経歴の概要説明を受けて、その中でも特に経験として得られたことや、それによる自分自身の仕事における強みなどを話します。最後に、職務経歴と自己PRを踏まえた志望動機です。自分の持っている強みが、志望している仕事に対してどのように生かせるか、どのような働き方がしたいのかを話します。最後に「本日は宜しくお願いいたします」と挨拶で締めます。

 

企業によっては「1分間で自己紹介をして下さい」と、短い時間での自己紹介を求められる事があります。要点を分かりやすく簡潔にまとめられる能力が試される場所ですので、短い自己紹介も用意しておくとより良い面接対策になります。1分間の場合は、約300文字でまとめますので、職務経歴は概要のみ、自己PRは削り、志望動機は一文でまとめると良いでしょう。

また、未経験の職種への転職の際には、職務経歴よりも自己PRに重点を置いた構成に、転職回数が多い場合には職務経歴を同職種でまとめる、もしくは志望する職種と同じ職種のみピックアップして話すなどの工夫が必要になります。

 

最後に、好印象を持たれる面接での自己紹介の話し方は、まっすぐ前を見る、明るい表情と大きな声で、そして始めと終わりの挨拶を忘れない事です。

お役立ち情報の一覧へ