掲載をご検討の企業様

転職お役立ち情報

退職理由の参考にできる!退職理由の例文・サンプル

お世話になった会社を退職する時には、その理由を述べなければいけません。
「一身上の都合で退職させていただきます」と言っても、納得されない事がほとんどです。
上司も納得する退職理由の例文をまとめましたので、今まさに退職理由でお悩みの方は、参考にしてみて下さい。

例文その1:新しい事への挑戦

「新たに興味のある仕事を見つけ、それに取り組むためには退職をしなければならず、考え悩んだ上で今回お話させていただきました」
「以前より興味のあった仕事に挑戦する機会を得られ、今後同じようなチャンスは得られないと思い、退職を決意いたしました」

例文その2:家庭の事情

「家族の介護をしなければならず、地元へ帰ることになりました」
「年老いた両親と同居する為に、地元へ帰る事を決めました」

例文その3:キャリアアップ

「当社に在籍していてもキャリアアップは目指せますが、異なるフィールドのキャリアアップに挑戦したい気持ちが強く、退職を決意いたしました」

自己都合での退職理由でトラブル回避

在職先に退職理由を伝える時には、在職先への不平不満を含めた退職理由はトラブルの元にもなりますので、必ず自己都合での退職理由を伝えるようにしましょう。

詳しい理由も説明できるようにしておく

新しい事への挑戦や、キャリアアップは退職理由としても良く挙げられるものです。ただし、キャリアアップの際には「キャリアアップならこの会社でなぜ目指さないのか?」と聞かれてしまう事もありますので、それに合わせた理由も説明できるようにしておきましょう。

嘘をつくのは絶対に止めましょう

家庭の事情による退職の場合も、きちんとその理由を伝えるようにしましょう。
また、本来の退職理由があり、介護が必要な家族はいないにも関わらず嘘をつくのは絶対にいけません。退職先と転職先が、ビジネス上でどのような繋がりがあるのか分かりません。たとえ遠隔地への転職だとしても、嘘をついた事がばれる可能性は十分あり、自分の信頼を失う事にもなりかねませんので、絶対に止めましょう。

採用強化中の求人