掲載をご検討の企業様

転職お役立ち情報

新卒 就活体験談#1



24卒:Aさんの場合 

就活開始から面接・内定を経て入社までの道のりを、実感とアドバイスを交えながら時系列で話してくれました。
内定につながる就職活動のヒントが見つかるかも!?

大学3年生

【 4月 】

学校から就職活動のセミナー開催の案内があり、参加しました。
初回では、様々な就職活動アプリ(マイナビ・リクナビ等々)の導入を勧められ、導入しました。
私自身就職活動が成功するのか心配だったので、就職活動とはどのようなものなのか知るために他の人より早めに活動を始めました。

【 6月 】

学校からの案内でマイナビの合同企業説明会に参加しました。
この時はまだ志望業界が決まっていなかったので、とりあえず様々な業界の説明・現状を説明会で知り、これからの就職活動の指針を決めようと思いました。

【 7〜9月 】

合同企業説明会に参加すると、次のステップである夏の「オープンカンパニー」の参加案内が企業から来ます。それに参加し、会社の雰囲気や社員の様子を重点的に見ていました。更にこのオープンカンパニーに参加すると、早期選考の案内を受けることができました。

興味がなくてもES作成や面接の練習だと思って、とりあえずでも参加することをお勧めします。
いざ第1志望を受けるとなった時に失敗してしまうのは非常に勿体ないので、何事にも挑戦することが大切だと思います。
仮に選考に落ちてしまったとしても、相手に自分の魅力が伝わらなかっただけです。
まだまだ自分をアピールできるチャンスがあるのだ!とあまり悲観的にならず、次のステップに進みましょう。

また、この頃にスカウト型のアプリのオファーボックスを導入しました。このアプリは自分の経歴や自己PRを書き込むだけで企業からオファーが届くという画期的なものです。私はこのアプリを通じてオープンカンパニーや選考に繋げることができました。

【 10〜12月 】

ここから本格的に早期選考に参加しました。
何度もESの確認・ESの内容を矛盾なく話せるか・志望動機や自己PRは適切かを確認し、選考に臨みました。
その結果選考でも自分の強みや志望動機等々を明確に伝えることができ選考合格を頂きました。

【 2月 】

様々な企業を受けましたが、早期選考でご縁があった企業に就職を決め、内々定獲得に至りました。
早期から活動していたこともあり、余裕を持って行動することができたので、精神的に楽な部分がありました。
追い詰められてES作成や自己PR、学チカに取り組んだところでいいものは出来上がらないと思います。早め早めの活動をお勧めします!

大学4年生

【 10月 】

10月には内定式が行われました。
新たな会社の一員として貢献できるようにしていきたいという気持ちを持って臨みました。
内定式には多くの社員さんが参加されており、大変緊張していた記憶があります。

社会人1年目

【 4月 】

大学を卒業し、晴れて社会人となることができました。
入社式も行われ、社会人としての覚悟を持って働かなければならないという使命感と社会に貢献できる人間になれる不安に追われていましたが、フレッシュな気持ちでワクワクしている自分もいました。
まだまだ未熟ですが、日々成長することをモットーに努力しています。



▼ 無料転職相談のお申し込みはこちら ▼

無料転職相談お申込みはこちら

◀︎◀︎  バックナンバーは「転職お役立ち情報INDEX」へ

採用強化中の求人